2012年05月12日

大分遠征(2)・・・祖母山~古祖母山縦走

いよいよ祖母山登頂の当日を迎える。もちろん日本100名山の一座だ。宮原から登り、障子岳、古祖母山の九州100名山を通り、尾平トンネル上から尾平に戻る周回登山の計画だ。

少し薄くらい曇の中、5:17宿を出る。登山口まで降り、渓流沿いに歩くと黒金山尾根コースを分け吊橋を渡る。
1201宮原分岐吊橋

ジグザグに登り尾根に向かうが、岩がある所では道が不明瞭になる。尾根に出ると道はしっかりしてきて、100mごとの高度標識が見える。途中、朝食を口に入れ霧を抜けると快晴の空が広がった。ややきつい登りを過ぎると宮原分岐に出た。左に祖母山方面に向かう。所々アケボノツツジが咲き、祖母山が見える。一箇所、痩せ尾根で鎖があった。
1204祖母山馬ノ背より

九合目避難小屋に寄ったが、管理人は不在だった。国観峠、北谷登山口の分岐をわけると祖母山山頂に着く。祠が2箇所あり、一等三角点がある。
1207祖母山山頂001

北側以外は眺望は広がり、古祖母山、傾山などの稜線が見える。
1211障子岳&古祖母山005

南側の急降下に足を踏み入れる。スラブの所でロープのある左側に行ったが、不正解であまり手がかり足がかりがなく、降りるのに苦労した。降りて上を見ると上から右側のスラブ先にステップがあった。上からは見えなかった。大岩の左を巻くと梯子が4回出てくる。脚立梯子を過ぎると平らな尾根道になり、天狗岩の右に登ると黒金山尾根分岐に着く。縦走路の方から聞き覚えのある声が聞こえ、SHCパーティと会った。行き先の登山道の情報を交換して分かれた。すぐ上にアケボノツツジが満開だった。
1213アケボノツツジ3黒金分岐

正面の障子岳に登っていくと山頂直下はフェンスに囲まれていた。入口がわからず、フェンス沿いに廻りこみ、障子岳山頂に出た。
1215障子岳山頂

左側の岩場で昼食を摂る。急降下で降り、左に曲りながら緩く登ると広がった地形になった。更に進むと古祖母山に着く。阿蘇山方面が目に入った。
1216古祖母山山頂001

一旦北側に進み左から岩を廻りこむと急降下になる。クラックの間は二連の梯子になっていて慎重に降った。少し前から右踵が痛み出した。大勢のパーティとすれ違い、徐々に高度を下げる。尾根を右に外れる手前左にコシキ岩四等三角点があった。すぐ下に尾平トンネルに降りる下降点があるはずだが見当たらない。コブを二つ過ぎると標識があり、トンネル北口と南口に別れる。S社地図より東で1214標高点の下あたりだ。
1219尾平トンネル手前下降点

登山者が一人いて南口の方がいい道だと教えてくれたが、予定通り北口に向かう。ロープもある急降下の連続になり、沢を廻り込む所は崩れていて危険、慎重に通った。右下に車が見え、そこに着くとトンネル脇の駐車場だった。先ほどの人が、トンネルから出てきた。
車道を北に進み、カーブの所に尾平近道標識があるのでそちらに入る。すぐ急降下になり、時折、踏み跡が不鮮明になる。テープを頼りにぐんぐん高度を下げる。小広場に出たが道がわからなり、少しの戻ると下に林道が見える。左に進み、ガレ沢を廻り込むと崩れかけた古祖母山標識があり、林道に降りる。
1221林道出会い

昨日確認した所を過ぎ、16:19ほしこがinnについた。風呂に入ったが足の痛みは消えなかった。


歩行時間行動時間1/2.5万地形図昭文社:山と高原
9:0411:02祖母山、見立祖母・傾

確認した三角点等級点名標高
祖母山
古祖母山
1230点
一等補点
三等
四等


コシキ岩
1756.36m
1633.06m
1230.52m

大きい写真をクリックするとフォト蔵に飛び他の写真も見れます。



楽しんで頂けたならポチッとお願いします。人気ブログが見れます。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


posted by 山の旅人2003 at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山行記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。